相続放棄手続きは複雑【助けてもらってスッキリ解決】

スーツ

専門家に頼る

説明

弁護士と行政書士。どちらに依頼すべきか。

離婚問題などが心配な場合は専門家を頼った方が良いでしょう。しかし弁護士、行政書士など色々な専門家がいてどこに頼めばいいのか分かりにくいですね。 訴訟にまで発展しなさそうなら行政書士でしょう。話し合いに立ち会ってほしい場合、文書を残しておきたい場合には頼れる存在です。しかし訴訟になった場合には行政書士は代理人になれませんので、そこまでいった場合は弁護士の出番です。行政書士と弁護士が連携している場合もあります。 明らかに泥沼化しそうでなければ、まずは行政書士に相談するのが費用的にもお得になります。

依頼した際の費用の相場とは。

行政書士や弁護士への専門家へ依頼するとなると、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。 まず弁護士は単純に離婚のみを依頼した場合、着手金と報酬と合わせて40万円〜100万円程度でしょう。しかし弁護士に依頼するのはほとんどの場合、慰謝料や財産分与、親権争いなどが絡みますので、これらの経済的利益の10%程度が上乗せされます。 一方行政書士の場合は依頼内容にもよりますが、離婚の場合は概ね10万円〜30万円程度、50万円を超えるケースはめったにありません。中には10万円以下で受けてくれる所もあり、弁護士費用よりもかなり割安になっています。 どちらに依頼するとしても、高額な費用を提示してくる所もあります。ボッタクリに遭わないためにも、相場を知っておくことは重要です。