相続放棄手続きは複雑【助けてもらってスッキリ解決】

スーツ

離婚問題を解決

弁護士

離婚はどの方法が一番いいのでしょうか

離婚調停は家庭裁判所で行われ、合意に達した場合は調書を作ってもらえます。 それでも合意出来ない場合には、審判離婚といって、強制的に裁判所から離婚させられるケースもありますが、これはかなり限られます。それで解決しない時には、裁判に持ち込むことになります。この時は弁護士への相談が必要になりますので、出来れば専門の事務所で話を聞いてもらうようにしましょう。また、裁判にはそれなりの費用がかかります。最低でも60万円程度はかかると考えておいてください。

調停に持ち込むことのメリットとは

本当は協議離婚が一番いいのですが、相手が話に応じてくれない、夫が暴力をふるう、あるいは、既に別居していて話し合いの場を持ちにくいということもあります。そのような場合には、やはり調停離婚がお勧めです。調停のメリットとしては、まず経費が少なくて済むことが挙げられます。基本的に書類の取得費用と切手代などが中心ですので、数千円以内に納まります。それから、第三者に話を聞いてもらうことで、客観的な判断が望めます。 またかつては、調停の申し立てをされた側の住所にある裁判所で行われましたが、今は申し立てをした側の住所の裁判所でも行えます。また、夫婦どちらかが遠隔地に住んでいる場合は、テレビ会議式の調停も出来ます。また、この調停を経ないと裁判は行えませんので、話し合いによる離婚が難しい場合には調停を考えましょう。