相続放棄手続きは複雑【助けてもらってスッキリ解決】

スーツ

離婚問題を解決

弁護士

離婚をお考えでしょうか。一口に離婚といっても、様々な方法があります。まず夫婦が話し合ったうえで離婚を決める協議離婚があり、日本ではこれが最もポピュラーです。それでも解決しない場合は、調停離婚に持ち込むことになります。

View Detail

専門家に頼る

説明

最近毎日のようにワイドショーを賑わせている芸能人の離婚。しかしこれは芸能人だけの話ではなく、一般人の離婚も増えています。そこで話し合いがまとまらずに専門家に依頼するケースもあります。

View Detail

プロに相談して任せる

男性

離婚となると非常に面倒な手続きや権利などの獲得がとても重要になってくるので専門家出る弁護士に任せたほうが良い場合があります。弁護士には専門分野などがある場合があるので注意しましょう。

View Detail

専門の弁護士を頼る

女性

悪意があって、夫婦生活の協力をしないとは

夫婦生活とは、お互いの協力があって、成り立つものになります。ですので、どう考えてもパートナーが協力をしてくれないといった場合には、離婚の際に慰謝料の請求が出来るというのをご存知ですか。では、この悪意があって、夫婦生活の協力をしないというのは、どのようなケースに当たるのでしょうか。それは、夫が、妻が専業主婦であるにも関わらず、生活費を一切渡さないといった場合になります。生活費を入れてもらう事ができなかったら、仕事をしていない専業主婦は、お金が全くない状態になりますよね。これは、夫が夫婦生活の協力をしていないという事で、離婚を切り出す際に、きちんと慰謝料を請求できる対象になるのです。もしも、夫が生活費を渡してくれないという事でしたら、一度考えてみるのも良いでしょう。

健康であるにもかかわらず、働かない夫も注意

また、生活費を入れない夫とは逆に、全く健康であるにもかかわらず、一切働かない夫にも、注意が必要です。その場合には、当然ですが家計の負担が全て妻にいってしまいますよね。ですので、こういった場合に、妻が疲れてしまったので離婚をしたいという事で切り出した時には、十分に慰謝料を請求する事ができるのです。ですが、何も知識がない状態で、離婚を切り出したとしても、慰謝料をはぐらかされてしまう可能性があります。しっかりと慰謝料を請求したいという場合には、事前に弁護士に相談などをして、足元を固めてから行動に移すようにしましょう。夫婦生活は、お互いの協力があってこそ成り立つものです。どちらかに負担がかかってしまっている場合には、一度弁護士に相談をしてみる事をおすすめ致します。弁護士は他にも多くの事を解結してくれる様になっていて、相続放棄手続きなどを行なってくれる専門の弁護士もいるようです。